活性酸素が大量発生!過度の運動は逆効果!

実際に活性酸素を増やさないために運動を行っている人も多いのですが、過度な運動は活性酸素に逆効果と言われています。どの程度の運動をすると効果を期待することが出来るのでしょうか。


運動は健康を維持するためには欠かすことが出来ません。日常での生活習慣に取り入れることにより高血圧や糖尿病などの生活習慣を予防することが出来るといわれています。

運動とすることにより、体内には、活性酸素が発生してしまいます。活性酸素は体内の組織を傷めつけ、病気になってしまう可能性もある厄介な存在でもあります。


運動と一口に言っても筋トレのような無酸素運動やウォーキング、ジョギング、マラソンなどの有酸素運動があります。有酸素運動の方が活性酸素のトータル産生量は高いといわれていますが、やり方によってはそれを抑えることが出来ます。

無酸素運動では、運送可能な時間が短いので、活性酸素は生まれませんが、それをうまく消去するメカニズムも働きにくいといわれています。


人間が生きていく中で酸素は欠かすことができない物質です。呼吸で体内に取り込まれた酸素は食べ物から得た栄養素をエネルギーに換えるので必要不可欠となっています。

その工程の途中で、中途半端に使われた酸素が活性酸素であると言ってもよいのです。活性酸素は不安定で反応性が高いので、ほかの物質を強力に酸化することにより、活性酸素自身は安定した物質になろうとする働きがあります。

活性酸素は免役システムが利用しているといわれています。人間の体の中にある免役システムはこの活性酸素を外部から入ってきた病原菌などを殺してしまう武器として利用しているのです。免疫に関す働きが高まることにより活性酸素が量産されている可能性があります。

活性酸素を作り出す免役酢ステムは、主に白血球やリンパ球などの免疫細胞が担当していることが知られているのです。

活性酸素が生む酸素不足ですが、激しい運動を行うと身体は酸素をどんどん消費してエネルギを産みだします。普通の呼吸で吸い込んだ酸素だけでは足りなくなって、呼吸が早くなり、追いつかなくなってしまうと動けなくなります。

低酸素状態に置かれた身体に酸素が再度供給されるようになると爆発的に活性酸素が生み出されてしまうのです。


運動をすると活性酸素が増える代わりに、活性酸素を分解する酵素が活性化されたり、強力な抗酸化物質となっている尿酸が増えたりすることが分かっています。

適度な運動は体には良いといわれていますが、激しすぎる運動は活性酸素と抗酸化物質の尿酸の双方の害が表れてしまうことがあるといわれているのです。

重要なことは、無理をしない程度の運動を日常の生活に取り入れるようにすることが理想的と言えます。

このブログ記事について

このページは、detoxが2016年10月26日 10:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スイカがむくみに効く!?スイカとむくみの関係」です。

次のブログ記事は「玉肌シリカ天然水の効果が凄い!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11